Todoistのセキュリティポリシー

仕事の重要機密プロジェクトから、ゴミ出しの日の管理まで、Todoistは多くの企業や個人に信頼されています。

Todoistでは、セキュリティシステムを以下のように管理しています。

  • すべての不正アクセスを防止。
  • 潜在的な脆弱性のための継続的な監視。
  • 最新のセキュリティツールの活用と、継続的・積極的な改善。

データ保護

移動中

プロジェクト名、タスク名、コメント、添付ファイル、アカウント情報、支払い情報などは128ビット、銀行の標準的な暗号化とSSL/ HTTPSのセキュアチャンネルを利用しています。

休憩中

TodoistはAmazon Web Service (AWS)サーバーを利用しています。AWSのファイアウォールを活用し、不正アクセスの防止に心がけています。

プロジェクト、タスク、コメント、アカウント情報、支払い情報は暗号化されています。

2016年4月11日以降にアップロードされたファイルはすべて暗号化され、多層のセキュリティによって保護されています。もちろん、それ以前にアップロードされたファイルもAWSのファイアウォールによって保護されています。

AWSのデータセンターは毎年セキュリティのテストを受けて、高い基準の安全性を保証・維持しています。詳細はこちらをご覧ください。

DropboxやGoogle Driveの添付は、それらのサーバーに保存されていますので、セキュリティについては各サービスにお問い合わせください。

データバックアップ

全てのデータはAWSサーバーに自動でバックアップされて、万が一サーバーがダウンしてもすぐに復帰できます。

Todoistのデータセンターは毎日自動でバックアップを作成し、お客様の大切なタスク管理データを守るために、万が一の事態にも備えています。もしデータが失われた場合は。アカウントの設定からバックアップを復元してください。

アカウントへのアクセス

アカウントへのアクセスは、メール・パスワードで認証します。またはOauth 2.0を用いたGoogleのアカウント認証でもログインできます。

メール・パスワードでの認証を利用する場合は、パスワードを多層セキュリティレイヤーで保護し、お客様のパスワードを大切に守ります。

Oauthを利用の場合、パスワードなどの設定をせずに簡単にログインができます。

Todoistビジネス管理人センター

Todoistビジネスでは、各ユーザーに管理人とメンバーという二つの役割・権限を与えます。

管理人アカウントは、中央コントロールセンターにアクセスができます。ここではユーザーの管理や支払い、共有設定ができます。

共有設定では、メンバーがプロジェクトを外部と共有するのを許可・禁止できます。

データープライバシー

Todoistのセキュリティが気になる方は個人情報保護規約をご覧ください。